トイレの教え方

ワンちゃんを迎えて初めてぶつかる壁。それがしつけの第一歩となるトイレトレーニングです。どんなワンちゃんでも初めは右も左もわからない。。。そんな健気で愛おしい存在にしっかりと手を差し伸べてあげましょう!

WanPoint. トイレのタイミング。

トイレトレーニングでのコツは「トイレをするタイミングを逃さないこと」にあります。基本的には

  1. 起きた後
  2. 食後
  3. 運動後

このタイミングでワンちゃんはトイレをしたくなります。トイレトレーニングをする際はぜひ参考にしていただければと思います。

Step 1. サークル内のペットシーツでトイレ   

 まず初めにトイレの場所を決めて、そこでトイレをする事を教えなければなりません。わんちゃんをギリギリ囲えるくらいのサークルを用意していただき、そこにペットシーツを敷きます。その中にわんちゃんを入れて、トイレをするまで待ちます。少しでもオシッコやウンチができたら褒めてあげたり、ご褒美をあげましょう。これを繰り返し行い、ペットシーツでトイレをする事を少しずつ教えていきましょう。ペットシーツだけを敷いた状態ですと元気な子はずらしてしまうので、シーツを固定するトレーがあると良いでしょう。

Step 2.寝床とトイレを区別

 ペットシーツでのトイレを十分に覚えたタイミングで、サークル内に寝床とトイレの場所をそれぞれ作りましょう。わんちゃんがトイレの認識が不十分だったり、ペットシーツではなく「サークルで囲われた場所がトイレ」という認識のほうが強い場合には、失敗してしまう可能性があります。ですのでそれを避けるために間に仕切りを作り、寝床とトイレを分断できるようにしましょう。まずはトイレに入れて排泄をするまで待ち、しっかり出来たなら仕切りを開放して寝床と行き来できるようにする、というように何よりも先にトイレへの意識付けをすることがとても重要です。

Step 3.トイレの場所を決める

  上記までの事が出来ているならば、あとはトイレをそのままにしてサークルを取り除き、ちゃんとそこで出来るか試してみます。まだ失敗してしまうようなら理解が不十分なので、もう少しサークル内でトレーニングしましょう。サークルがなくてもしっかりペットシーツの上で出来たなら、今度は別の好きな場所にトイレを配置しましょう。しかし、いきなり環境をガラッと変えてしまうと、匂いや雰囲気につられてトイレ以外のところでしてしまう場合もあるので、初めは初期位置からほんの少し離し、成功したらまた少しずつ離すといった感じで難易度を上げていきましょう。家の中のどこに置いても失敗しなくなったなら、外でチャレンジしてみましょう。玄関先や庭等にトイレを置いてみて、それが出来たら車の中やお散歩コースで!ただ、外は誘惑が多く急に難しくなるので失敗が多いようでしたらまたサークルで囲って環境にならしてあげましょう。

 わんちゃんによっては三歩進んで二歩下がる様な根気のいるトレーニングになりますが、あきらめずに続けましょう!